FC2ブログ

似合うってどういうこと?

「お似合いですね~」

洋服を試着すると販売員さんがかけてくれる言葉。
自分では鏡に映る姿にガッカリしているのに?
そもそも「似合う」ってどういうことなのでしょうか?

3914cccb6660d0b8dcc609d3343dd391_s.jpg


販売員さんは仕事ですから売りたい!という気持ちから
「お似合いですね~」

と言っているのかもしれません。

しかし、優秀な販売員は似合っていないものを似合っていますとは言いません!

私が好きなお店は洋服のテイストが私好みであることと
もう一つ大切な要素は優秀な販売員さんがいるかどうかです。

とりあえず目の前の洋服を売って売り上げを立てようと思っていては
サイズが合っていなくても、「お似合いですね~」と言ってしまうのは未熟な販売員です。

優秀な販売員は違います。
目の前よりも、その瞬間から続く長いお客様とのお付き合いが
結果売り上げ向上につながることを知っています。

だから「似合う」「似合わない」についてしっかりとした定義を持っているのです。

さて、イメージコンサルタントも、クライアント様に似合う色や似合う髪型、メイク、ファッション等々
アドバイスをする仕事です。

私の「似合う」の定義は

1、サイズ 適正なサイズが一番体のラインを美しく見せます。
2、色   パーソナルカラーをお顔周りに使うことでお顔色がよくなり健康的に見えます。
3、体のライン それぞれの体型にあったファッションスタイルを提案します。
4、イメージ クライアント様が望む自己イメージ実現のためにコーデイネイトします。
5、TPO  クライアント様の生活スタイルを考慮し、必要な服、着回しを考えたうえで提案します。
6、バランス 第三者の目で全体像を確認し、バランスを小物等で整えます。

これら全てが合格点になって「似合う」という言葉を使います。

似合う服は気持ちを上げてくれ外出が楽しくなりますね!

さあ、オシャレが楽しくなる秋です。
本当に似合う服を着てお出かけしましょう!
スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment