FC2ブログ

モネ展~動物園

先日モネ展に行ってきました。

美術館、映画館はひとりで行くに限ります。

たくさんの人がいても皆がスクリーンや絵画を見つめ、隣の人が何を感じ、どう思っているかを全く気にしない空間は
人の感情の動きを観察し耳を傾けなくて良い時間、自分の感情の動きも表現しなくて良い時間を与えてくれます。

だからこそ、その時間だけは自分の無防備な感情に素直になれます。

せっかく無防備になった感情の動きを言葉にするとたちまち嘘っぽくなります。
感情を表現するだけの語彙量を持ち合わせていないのに無理に言葉を探すからでしょうか。
感情はぶつけるものでも表現するものでもなく、ただ味わえばいいのです。

201509291_convert_20151002095732.jpg

美術館を出ると花壇にコスモスが気持ちよさそうに揺れていました。
コスモスが「きもちいい」と言っているわけでもないのに気持ちが良さそうと感じるのは
私が今、気持ちよいからで、コスモスの感情ではないのです。
コスモスが笑っているように見えるのも私が今笑っているのだけだと。

201509292_convert_20151002100130.jpg

動物園が見えました。
私が動物が好きなのは感情は豊かなのに、言葉にしないところ、そして人の感情を探ろうとしないところ。

そんな動物がたくさんいる動物園に行きたくなり数年ぶりに入館しました。

パンダは人気があり人だかりができていましたが、「それがどうした?」という雰囲気でサービス精神もなくただ自分がしたいように
動き、食べ、排泄し、眠ります。

見ている人間の感情を無視し、悪意も好意もない態度に魅了され数十分間見続けました。

「客寄せパンダ」という言葉があります。
集客できるけど中身がないという存在を指す言葉です。
なんとパンダに失礼な言葉でしょう。

集客もできないのに中身があると勘違いしている人間の方があつかましい。

中身があるように見せるために饒舌に感情を表現する人間よりも
なにも考えていないように見えるのに集客できるパンダを私は尊敬します!!

そんなパンダに近づけるようにパンダになってみました(笑)

20150929_convert_20151002095502.jpg

秋の一日の一人外出で、窮屈だった自分が脱皮したような気がします。
スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment