FC2ブログ

おじいちゃん新幹線になる?

新幹線に家族連れが多いのは春休みの時期だからでしょう。

先日、名古屋のイメージコンサルタント養成講座が終わって
新幹線で帰る時、横の座席に座った家族の会話
がとても面白かったのです。

おじいちゃん、お父さん、お母さん、娘(幼稚園くらいかな)
の4人連れの家族が座席を向かい合わせにして座っていました。


娘「大きくなったら新幹線の中でお菓子を売る人になるね。
  だから、ママは新幹線の運転手になってね。」

父「じゃ、パパは、車掌さんになろうかな。」

おじいちゃん「おじいちゃんは・・・・」

娘「新幹線でいいよ。」

おじいちゃん「えっ?おじいちゃん、新幹線になるの?」

娘「そっ!新幹線になれそうなのはおじいちゃんだから!」

おじいちゃん「・・・おじいちゃん、新幹線になれるかな?」

娘「練習すればなれるよ!」


シュールだ!!!

一体どんな練習をすれば新幹線になれるのでしょう!!!!

新幹線になるように勧められたおじいちゃんの気持ちは・・・・。



さて、新横浜で降りた家族連れ。

その時女の子は新幹線に

「また会おうね~!がんばってね~!バイバイ!」

と言いながら降りたのです。

なるほど!

女の子は、「物」に対しても「心(魂)」ある物として
捉えているのですね。


そういえば・・・・

機関車トーマスは「心(魂)」があるように
描かれていますよね。


こんな風に全ての「物」に対して優しい対応が出来たら
私たちはもっと物を大切にし、取り扱いが丁寧になるはずです。

ビジネスマナーをお教えする時、

『備品にも魂がある物と思って取り扱いましょう』

と今後は必ず言うようにしようと思ったのでした。
スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment