サービスを受ける時に注意したいこと

カフェでお茶をしていました。
コーヒーを飲み干すと、店員さんが
「お代わりいかがですか?お代わり1杯はサービスですので。」と
おっしゃってくださり、ありがたくいただくことに。

coffee.jpg


少し席の離れた3人組の女性の一人が店員さんを呼び
「私のコーヒーがなくなったんだから早くサービスしてよ!
わざわざ呼ばなくても気が付かなくちゃねっ!」
と。

店員さんは
「申し訳ありません。只今お持ちします。」と下がりました。

その間3人で
「全く気が効かないわよね~。サービスなってないわよ。」と会話をしていました。

そしてコーヒーのお代わりをもらっても当然のようにしている態度。

その様子を見ていて「サービス」について考えてしまいました。

私は仕事で接客接遇について店員さん側に指導をしています。
企業はお客様に喜んでもらって再来してもらえるように接客接遇の向上を目指しています。
サービスも然り。
サービスは企業の存続を左右する大きな要素なのです。

ランチにコーヒーが付いてくるサービス
雨が降れば買い物の紙袋にビニールをかけてくれるサービス
会計後に飴をくれるサービス
タクシーに乗る際重い荷物を運転手さんがトランクに積んでくれるサービス
本にカバーをかけてくれるサービス
病院まで無料で送迎してくれるサービス
・・・・・・・

一日のうち私たちは何度となくサービスを受けています。

その恵まれた環境の「お客」の立場に慣れすぎてはいないでしょうか?

お客様は神様です。と三波春夫さんが言いました。

その言葉は企業側の言葉であるべきで

お客様になる時、自分のことを「神様」だと思って「暴君」になってはいけません。

サービスを受けたら「ありがとうございます」
サービスしてくれる方に対して「感謝」

サービスしたほうも、サービスを受けた方も「気持ちがよい」こうならなければ
サービスは長続きしませんし、せっかくのサービスも「心無いもの」になってしまいかねません。

さぁ、一週間が始まりました。
うっとうしい梅雨時期ですが、気持ちの良いサービスと、気持ちの良いサービスへの感謝の
行き交うような爽やかな一週間になるといいですね!
スポンサーサイト

心だけは柔らかく

雨の誕生日になってしまいました。
でも昔ほど雨が嫌いではなくなりました。

そう、年齢を重ねると、苦手なものが少なくなっていくように感じます。
人によっては逆という方もいらっしゃるようですが、
私はそもそも子供のころから苦手なものが多かったから
経験とともに苦手なものが少なくなってきているのかもしれません。

ちょうど昨晩テレビで年齢別で聞こえない高周波の音(モスキート音)の実験がありました。

40代までが聞こえる音まではくっきり聞こえたけど
30代までが聞こえる音はさっぱり聞こえませんでした。
(そもそも聴力にはあんまり自信ないし・・・。)

苦手なものは少なくなり、五感でとらえることができる範囲は狭くなる。
これが年齢を重ねるということなのだなぁとしみじみ思うのでした。

その代わり、年齢とともに、心だけは柔らかくなっていきたいな。。。。

雨のうっとうしさという感覚も鈍くなってきてもそれはそれでいい。
雨と仲良くするという柔らかい心が持てたから。



プロフィール

ミューズ谷澤

Author:ミューズ谷澤
muse Branding Academy (株)代表取締役 
JPB認定イメージコンサルタント・カラーアナリスト
社団法人 ジャパン・パーソナルブランディング協会 代表理事 
(株)ツクダ・クロス・スタイル 代表取締役

著書
■「仕事は見た目」あさ出版
■「一瞬で好かれる初対面の技術」すばる舎
■「さすが!と言われるビジネスマナー 完全版」監修 高橋書店
■「初対面で相手の心をグッとつかむ 印象は1秒で決まる!」大和書房
■ 「イメージコンサルタントが教える 第一印象で売る! 信頼と共感の接客術」 同文館出版より出版

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
Facebookページ
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード