まさか!痛風!?

昨日、お昼ごはんを食べた頃からなんだか足の親指がズキズキと痛い。。。

こ・こ・これは!も・も・も・もしや!!つ・つ・痛風!!!???


と焦り、病院へ。

受け付けの方に「どうしましたか?」と聞かれ
「足がいたくて・・・。」と言うと
「お怪我されました?」と聞かれ
「というか・・・多分ですが痛風ではないかと思い、伺いました。」と言うと
受け付けの方ニヤリ。
ニヤリとした理由はわかりますとも!!
痛風ってなんだか他人事で聞いているとなぜかニヤリとしてしまう病気だもの。

さて、診察。
上品な女医さん。
「おみ足をお見せくださいね。」
しばらく私の足を押したり引っ張ったりしてから
「血液検査とレントゲンを撮りますね。」と。

検査結果が出るまでに考えたのは
今夜から琥珀色のビールは飲めなくなるとか
もうタマゴたっぷりのタマゴサンドが食べられなくなるとか
いくらがこぼれ落ちるぐらいの軍艦巻きが食べられなくなるとか
これから美味しくなる白子やアンキモが食べられなくなるとか
そんなことばかり。
どんより沈んだ気分で検査結果を聞きに再び診察室へ。

「血液検査の結果、とっても優秀でしたわ。痛風ではありません。
女性ってまず痛風にはならないのよ。
女性ホルモンって痛風を防ぐ効果もあるからね。
レントゲンを見ても・・・うん、カルシウムの詰まった良い骨ね!
う~ん、親指が痛いのはもしかしたら最近転んだり、どこかにぶつけたりしなかったかしら?」

「あーーーーー!!!先週転びました!」と言って転んだ傷を見せると

「まぁ、まぁ、派手に転ばれたわね。きっとその時親指を打撲したのでしょうね。お気を付けてね。お大事に。」

tsufu_convert_20140919083734.jpg


という結果でございました。

痛風かもしれないという恐怖を身にもって体験し、今後はおじ様たちが

「ちょっと痛風気味でね」という言葉をけっして「ニヤリ」としないと心に決めたのでした!
スポンサーサイト

ヒーローになりました!

表参道で電車に乗りました。
車内は比較的混んでいました。

吊革につかまり立っていると隣の女性が何度も後ろを振り向いたりスカートを直したりするので
これはもしかして痴漢の被害にあっているのでは!!!!!

と私も彼女の後ろに立っている人を確認。
しかしだれもそんな風ではなく、すぐ後ろに人が立っているわけではありませんでした。

それでも何度も顔を左右や後ろに振りながら何か確認している女性。

すると小さな声で言ったのです。

「蚊・・・・」

周りの乗客がにわかにザワザワしました。そしてその小さな蚊を探し始めました。

ちょうど私の目の前に蚊!!
視力2.0で動体視力と反射神経がよい私!!
パシッと蚊をつぶしました!

蚊は私の掌でつぶれました。
血は吸っていないようでした。

私はその手を隣の女性に見せて

「よかったですね、血は吸っていないみたいです。」
と言うと

「ありがとうございます!!」とヒーローを見つめるような目で見てくれました。
そしてその周りの乗客まで「おー」という小さな歓声。

蚊を一匹つぶしただけで車内のヒーローになった私(笑)

まだまだ蚊が多いようなので皆さん気を付けましょうね!
プロフィール

ミューズ谷澤

Author:ミューズ谷澤
muse Branding Academy (株)代表取締役 
JPB認定イメージコンサルタント・カラーアナリスト
社団法人 ジャパン・パーソナルブランディング協会 代表理事 
(株)ツクダ・クロス・スタイル 代表取締役

著書
■「仕事は見た目」あさ出版
■「一瞬で好かれる初対面の技術」すばる舎
■「さすが!と言われるビジネスマナー 完全版」監修 高橋書店
■「初対面で相手の心をグッとつかむ 印象は1秒で決まる!」大和書房
■ 「イメージコンサルタントが教える 第一印象で売る! 信頼と共感の接客術」 同文館出版より出版

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
Facebookページ
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード